アペックス、リクルートサイト

アペックス採用サイト

社員インタビュー

入社してすぐに新プロジェクトの責任者に任命

営業M.A.さん
社員写真

社員写真

社員写真

─転職のきっかけは、体調を崩して入院したこと
以前の仕事が激務で体調を崩して入院した時のこと。往診していただいたドクターの対応や、看護師や事務員の方々が生き生きと働く姿を見て医療業界へ興味が湧きました。そんな時APEXのことを知り、まさに医療を支える仕事だと感銘を受け入社を決意しました。
─会員数0からスタートした新プロジェクト
ユーザーが自分に合った病院を検索できるポータルサイトの立ち上げの責任者に、入社後いきなり任命されました。元々サイトの営業をやっていたこともあり自信はありましたが、認知度のあるサイトを案内するのと、そうでないサイトを案内するのでは訳が違いました。試行錯誤の連続でしたが、社内の皆さんのフォローがあったからこそ今では軌道に乗せることができました。
─私の武器は、フレンドリーさ
マナー講師の資格を持っていることもありますが、相手に不快と思われないフレンドリーさには自信があります。女性だからこそかもしれませんが「営業に来た」と構えられることも少ないです。今後はそのスキルを生かして、クリニックの接客マナーの講師サービスも導入していきたいと考えています。
─たくさんのヒアリングをしてカタチにした新サービス
サイトの会員の登録数に伸び悩んでいた時、思い切ってクライアントである開業医の先生方に「どんなサービスがあったら嬉しいですか」と聞いて回りました。その中に「最新の医療に関する情報が知りたい」というご意見があり、早速大学病院の教授にアポイントを取りました。話を聞けば、自らの研究内容を発表していきたい教授が多くいらっしゃることが判明。メールマガジン形式で定期配信していただく新サービスを開始しました。それからというもの、会員数が一気に5倍に。情報を発信したい側と、受け取りたい側の双方のメリットを実現することができ、より良い医療サービス提供に貢献することができました。

採用のエントリーはこちら

採用エントリー